スキーインストラクターが書く初心者の為の応援情報ブログ スキーと北海道の魅力をお伝えします

スキーストック・ポールの選び方

こんにちは 協佳です。
先日、ストックを新調しましたのストックの選び方について書いていきます。

ストック選びで重要なこと

ストックの長さ

何といってもストックは、この長さが一番重要です。
自分の身長に合うサイズを選びましょう。

大人 身長の65~70%  

子供 身長の70~73%

が目安と言われています。

あくまでこれは、目安であり滑りやすい長さかどうかは、滑ってみないとわかりません。
特に検定等をとることを目標にするようになるとストックの長さで見た目も変わってきます。
楽しむ上でのスキーならさほど気にする必要はありませんが、検定合格・上級を目指すならストックの長さを変えられる伸縮式がお勧めです。


https://ski.douen.net

長さがなんだか長い~と感じてもう一本買うより長さが調整できた方が安心です。
実際インストラクターのほとんどは、長さの調整できるものを使用しています。

実は、私は、検定を受ける際に、教えてくださっていた先生に「ストック長いかもよ」と言われそのことを知り合いに話したところ、余っているからと頂いたんですよね。(長さの調整できないタイプ)
それを何年も使用していました。
ですので、今回ストックが折れてしまって新調することになったのでこれを機会に長さの替えられるタイプにしました。

目的

・パウダー用

・GS用(レーシング)

・SL用(レーシング)

・伸縮式

・ジュニア用

通常は、スキーポール・ストック と書いてある物で良いでしょう。

ストックの素材

・アルミ合金材

・アルミニウム

・カーボン

軽さ、強度によりお値段が違います。

ストックのメーカーと値段

・スコット(アルミニウム)

・Naitoジュニア

・ケルマ(カーボン)

・シナノ(高力アルミ14.3φ+カーボン12φ)

・小賀坂(高力アルミ合金径14.3mm+カーボンコンポジット径12mm)

 

・キザキジュニア

 

 

ストック選びのポイント

・スキーと合わせたメーカ

・スキーと合わせた色

・グリップの握り具合

・ストックの振りやすさ

等も選ぶポイントになるでしょう。
何といっても自分が気に入ったものが一番です。
お気に入りの道具だとテンション上がりますよね~💛
じっくり気に入ったものを見つけてくださいね。

 

ちなみに、私は、スキーに合わせて小賀坂を買いました。

https://ski.douen.net

小賀坂の魅力

小賀坂の魅力は、何といっても「メイドイン ジャパン」日本企業だということ。

日本人ですから、日本企業応援したいです。

と、単純な私です。笑

でも、スキー板にほれ込んで小賀坂を使用しているので日本製で、板も良いとゆうことになるということないですよね。

このスキー板の性能については、個人により感じ方が違いますので自分が納得する物を使用しましょう。 

https://ski.douen.net

 

https://ski.douen.net

協佳 でした⛷

 

最後までお読みいただき ありがとうございます。
↓応援クリック下さいますと励みになります。<(_ _)>

人気ブログランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA