子連れで札幌市内神社巡りをするなら桜の綺麗な4月下旬と例祭のある5月中旬がお勧め公園内に三か所の神社がある平岸天満宮・太平山三吉神社

札幌市内の天神山緑地にありこの公園は、桜がとても綺麗です。🌸
桜並木の下には、芝生が広がっているので敷物とお弁当を持って行くと良いですよ。
公園内には、遊具もあるので子供も飽きることはありません。

そして、この公園内には、三か所の神社があり、一度に三味楽しめる的な所なので神社巡りに最適。
子連れに嬉しいですよね。
地下鉄南北線「澄川駅」からも徒歩10分程なので子供も歩いてこれますよ。
桜の咲く4月の下旬か5月15日の例祭がお勧めです。
例祭の日程は、HPで確認してくださいね。

他の二つの神社は

天神山稲荷神社

相馬神社

是非三か所お回りくださいね。
桜は、相馬神社の下の方。
平岸天満宮・太平山三好神社・天神山稲荷神社からは、遊具のある方に上って行くとありますよ。

平岸天満宮・太平山三吉神社の詳細とアクセス方法

住所:札幌市豊平区平岸2条16丁目3-2

電話/FAX:TEL 011-831-3789FAX 011-841-3456
駐車場:有
受付時間:9:00〜17:00
休業日:不定休
HP

お勧め時期:4月(桜)5月(例祭)

平岸天満宮・太平山三吉神社 のアクセス方法行き方

札幌市営地下鉄南北線[澄川駅]から徒歩10分

平岸天満宮・太平山三吉神社 の御祭神・祭礼日・由緒・ご利益

平岸天満宮・太平山三吉神社 御祭神

菅原道真公、三吉霊神、十二山岳之神

平岸天満宮・太平山三吉神社礼祭日

5月15日

平岸天満宮・太平山三吉神社 のご利益

平岸天満宮:学問の神様

太平山三好神社:勝利成功・事業繁栄の神様

平岸天満宮・太平山三吉神社 の由緒

平岸天満宮は、明治36年5月南部源蔵氏(ロサンゼルスオリンピック優勝者・南部忠平氏の父君)が太宰府天満宮の御分霊を祀ったのが、天神山の名称の由縁であり、古来学業の守護神として知られている所であります。

太平山三好神社は、秋田県の総本宮は天武天皇の白鳳2年(673年)5月、役の行者小角の創建と伝えられ、桓武天皇延暦20年(801年)征夷大将軍坂上田村麻呂東夷征討の際、戦勝を祈願して堂宇を建立、奉納された御鏑は神宝として今に伝えられています。
古くからの薬師の峰・修験の山としての≪太平山信仰≫と、力の神・勝負の神を崇める≪三吉信仰≫があいまって、古来より勝利成功・事業繁栄の霊験高い守護神として広く崇敬を受けております。
昭和五十七年十一月、此の丘陵、天神山に崇拝者により分社として建立されました。

公式HPより

平岸天満宮・太平山三吉神社 境内の様子

017

014

平岸天満宮御朱印

神社巡りに必要な物

ouenn.net

最後までお読みいただき ありがとうございます。
↓応援クリック下さいますと励みになります。<(_ _)>

人気ブログランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA