スキーインストラクターが書く初心者の為の応援情報ブログ スキーと北海道の魅力をお伝えします

スキー防寒・寒さ対策でインストラクターが着ている物

こんにちは 協佳 です。
寒い冬の季節にスキーを楽しむためにも寒さ対策は、必須です。

特に子供達にスキーをさせようと思うのでしたら、しっかり寒さ対策を取らなければ、冬自体嫌いになりますので、重要です。

今日は、私達インストラクターがどんな物を着ているのか ご紹介します。
わかりやすいよう、アマゾンから写真と値段 上げておきますね。

下着

下着は、木綿の物は、汗をかくと濡れて体が冷えてしまうため避けます。

CW-X

私が実際にはいているのは、「CWーX」です。

ヒートテック

ここまで出せないという方は、防寒の観点からヒートテックが良いと思います。

ハイネック

下着の上は、ハイネックを着ます

このように首が高くなっているタイプの物です。
首筋が開いていると首から風が入り寒いのでこのハイネックは、必ず着ています。

カイロ

ハイネックの上にカイロを貼ります。
下着の上からでは、熱くなりやすく低温やけどの恐れがあります。
経験上ハイネックの上から張るのが一番良いと私は、思います。

フリース上着・カシミヤセーター

ハイネックの上は、フリースかカシミヤセーターを着ています。
カシミヤは、やはり温かい💛
フードの無い物。
チャックは、金(カネ)のではなくプラスティックの物を選びましょう。
金のタイプのチャックは、寒いと凍ってしまいます。
凍るとチャックが開かなくなるのではなく、あごについて痛いので避けましょう。

下は、ストレッチ素材のズボン

ジャージだと内側にチャックの無いタイプ。
チャックがあるとスキー靴にあたって痛くなります。
ジャージは、意外と暖かくないので、子供だと裏フリース素材の物とか暖かいですね。

薄手ダウン上下

寒い日、雪質の良い山に行くときは、必須です。

雪質が良い=寒い ですからね~

北海道の1~2月は、特に寒さが厳しいのでお気を付けください。

あくまでスキーウエアーの下に着るダウンなので、襟は無くぶ厚い物ではなく薄手のダウン上下の方が動きやすいですし、薄手で十分です。

スキーウエアー

現在スクールウエアーは、デサントです。
スキースクールでも使うしっかりとしたデサントは、お勧めです。

子供の物は、スーパー等でも売っていますが、スキー場に行くならやはりしっかりとしたスポーツメーカーの物が暖かいでしょう。
デサントなら安心です。

スキーウエアーの下は、ダウン上下を着てもよいだけのサイズを選びましょう。
ピッタリすぎると中にダウンが着れません。

スキー顔防寒におすすめネックウオーマー・ネックチューブ

 

使い方は、この商品サイトの一番上の左から二番目で私は、使用しています。

これで防寒対策もばっちりですね。
スキーをお楽しみください。

協佳⛷

最後までお読みいただき ありがとうございます。
↓応援クリック下さいますと励みになります。<(_ _)>

人気ブログランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA