SAJスキー準指導員検定の使用斜面が発表になる時期と過去斜面図

SAJ準指導員検定会の使用斜面が発表になるの知ってますか?

前年度と変更がありるか、必ずチェックしておきましょう。

北海道の四年間の事前発表斜面です。

 

2018年斜面図

南(藻岩)

北(比布)

2019年斜面図

南(藻岩)会場 

北(比布)会場 

2020年斜面図

南(藻岩)会場

北(比布)会場

 

2021年斜面図

南(藻岩)会場

北(比布)会場

2022年斜面図

南北会場

 

発表時期

毎年受験日の1か月前近くなったら斜面発表があります。

2021年は、1月17日でした。
受験する道県スキー連盟をそのころ毎日チェックしましょう。

北海道スキー連盟 のトップページにNEWとして書かれます。

沈んで見れなくなった場合、過去の斜面を知りたい場合は、「教育本部」(トップページ上)→「教育本部に関するお知らせ」→「一覧を見る」から過去記事を一つ一つご覧ください。

 

斜面が発表後は、実際にそのコースで種目を練習して、模擬検定、受験当日に備えましょう。

注意

このコース図は、あくまで参考までに。

実際に行われるのは、当日の天候、斜面状況により変更になる場合があります。

特に、南会場藻岩山では、パノラマコースで行われる「基礎パラレルターン小回り」「横滑りの展開」は、図では、リフト横ではない方のコースですが、実際は、リフト横のコースが使われています。
当日、雪崩の危険があるため不整地小回りを「からまつコース」でやった年もありますから、からまつで不整地小回りの練習もしておいた方が良いと思います。

2021-2022年度からは、受検場所がルスツリゾートスキー場に変更になってます。

頑張ってください❣

douen.net

 

最後までお読みいただき ありがとうございます。
↓応援クリック下さいますと励みになります。<(_ _)>

人気ブログランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA